2008年10月18日

キックの帝王 ロブ・カーマン

1999年10月、一人の偉大なキックボクサーが引退試合に臨もうとしていた。
トレードマークの口ひげと短髪。代名詞となったローキックで世界を股にかけて活躍した
「キックの帝王」ロブ・カーマン


ロブ・カーマン少年時代はブルース・リーに憧れ、東洋武術に興味を持ち始め、16歳のころ、インドネシア武術であるブンチャックシラットを習い始めるも、より実践的な格闘技を求め、キックボクシングのオランダメジロジムへ入門。
デビュー後は、ベニ―・ユキーデの姉婿WKA世界ミドル級チャンピオンのブリンキー・ロドリゲスをKOで下すなど、栄光の現役生活をスタートさせるとこになる。

後に、WKA世界ミドル級王座を83年に獲得したのを皮切りに、WKA世界ジュニアライトヘビー級王座
WKA世界スーパーライトヘビー級王座 、IMTA世界ライトヘビー級王座などの世界タイトルを手に入れる。
特筆すべきは、当時、WKA世界ライトヘビー級チャンピオンだった、ドン・星野・ウィルソンが同級1位のカーマンとのタイトルマッチを極端に避け続けたため、なんと、WKAはカーマンの為にジュニアスーパーライトヘビー級王座を新設。当然、初代王者はカーマンという、異例の事態に発展する。

日本では、全日本キックボクシング連盟に1987年、初来日。ムエタイのチャンピンだったラクチャート・ソーパサドポンを1RKO。その後、ドン・ナカヤ・ニールセンや、ピーター・スミットなど、世界的な選手と対戦。当時、日本のキック界は低迷していたため、日本人の代わりにカーマンが全日本キックを支える形となっていた。

1992年にはリングスに参戦。佐竹や角田、アダム・ワットなどの正道会館勢と対戦。
そして、K-1主催のK-2に参戦。ライバル、チャンプア・ゲッソンリットに敗れる。

引退試合の相手は現在、K-1のトップスターとなったアレクセイ・イグナチョフ。結果は判定勝ちだったが、微妙な判定で、勝ったのはイグナチョフの方だと、イグナチョフを称えた。

対角線の攻撃、必殺のローキック、独特の風貌と人間的なすばらしさ。
「キックの帝王」と呼ばれるにふさわしい、格闘家の教科書だった。


私的ベストバウト
○ロブ・カーマンvsドン・ナカヤ・ニールセン×
       (KO)


人気格闘blog


レジェンド―オランダ格闘家列伝
Fred Royers Koen Scharrenberg 東山 美好
4795250642


全日本キック THE 20th ANNIVERSARY
小林聡 大月晴明 山本元気
B000JGEW86



格闘技シンポジウム
B00005ISFE













posted by 20c at 21:32| Comment(1) | TrackBack(0) | キックボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も好きな選手でした。
凄い存在感もありましたよね。
私的には ベストバウトは タイトル決定戦で、ダウンの応酬の末 TKOで勝った ルック・バーヘイヤ戦です。
Posted by dieselnoitall at 2009年07月10日 08:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。