2008年07月27日

超象 チャンプア・ゲッソンリット

立ち技最強といわれるムエタイ。その中で、タイ国外でほとんどの試合をし、近代ムエタイの発展に貢献したと思われるのが
チャンプア・ゲッソンリット
チャンプア当時、オランダキックボクシング界は急速な発展をとげ、ロブ・カーマンやピーター・スミットなどがその中心選手だったが、ムエタイでは彼らのウェイト(ライトヘビー、ミドル級)の選手が手薄で、ウェルター級の選手がオランダ勢の対戦相手だったのだが、あまり芳しくなかった。そんな中で現れたのがチャンプア。
日本での初お目見えは、新生UWFの東京ドームにおける「U-COSMOS」で安生洋二と対戦。(結果はドロー)
その後、日本のキックボクシングのリングで何戦かした後、K-1に参戦。重量級の選手に混じり、ムエタイ代表として孤軍奮闘した。

チャンプアのファイティングスタイルは、ほとんど左ミドルと左ローキックという「左」主体である。しかも、この左ミドルと左ローキックは非常に強烈でアメリカ遠征時には、ローキックで相手の足を骨折させている。
この一見、ワンパターンと言ってもいいくらいのファイティングスタイルなのだが、対デル・クック戦のように、強烈な左ミドルを一発打ち込んだあとでパンチで仕留めるスタイルで数々の名勝負を展開した。

SEOのプロが伝授!「常識では考えられない驚愕のSEO対策」の極意!

1994年、マイケル・トンプソンと対戦。3R開始直後、後ろ蹴りでKO負け。この蹴りで小腸断裂という大怪我を負い、一時リングを離れるのだが、復帰後数試合するものの、あまり芳しくなく、2006年、母国タイにて引退した90年代ムエタイ最大の功労者と言っても過言ではない。

戦績167戦150勝15敗2分138KO
私的ベストバウト
聖戦 III UKF世界ライトヘビー級タイトルマッチ
○チャンプア・ゲッソンリット(判定) 金泰泳×

人気格闘blog


チャモアペットのスーパーテクニック
チャモアペット・チョーチャモアン
B00005L9RL


チャモアペットのスーパーテクニック 実践篇
チャモアペット・チョー チャモアン
B000062VOU



ムエタイに関してはこの本が最高峰! (BUDO-RA BOOKS)
フル・コム
4809406490


必須ポイントをおさえたムエタイバイブル
ウィラサクレック ウォンパーサー
4750202681

posted by 20c at 15:26| Comment(1) | TrackBack(0) | キックボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 チャンプアの生涯最後の試合私もタイのパタヤーで見ました。
結果は1RKO負け。殆ど戦うこともないままに負けてしまいましたが、その後彼の栄光を知るはずもない年代の白人の子供達何人もが彼に握手を求めて言ったのを見て改めて彼の偉大さを感じました。
 今の目の肥えたムエタイファンの人達には彼のワンパターンのファイティングスタイルは受け入れられないかもしれないですが、彼のムエタイ普及の為の海外での功績は非常に大きい事は動かない事実だと思います。
Posted by 唖斗武 at 2008年08月24日 01:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。