2008年06月26日

燃える闘魂 アントニオ猪木

日本の格闘技・プロレス界において、確実に中心にいた人物が
"燃える闘魂"アントニオ猪木である。ということは納得いく事実だろう。
猪木はブラジル移住の時代に力道山からスカウトされ、1960年、プロレスデビューを果たした。

アントニオ猪木 必殺技全集-極意-I
プロレス
B00006HBIS


力道山が創立した日本プロレスではジャイアント馬場と二枚看板だったが、馬場との対戦要求が容れられなかったことや日本プロレスとの度重なる確執から1971年に追放処分を受け、
1972年1月26日に今日に至る新日本プロレスを旗揚げする。

アントニオ猪木 オフィシャルDVD キラー猪木 コンプリートBOX
プロレス
B00005HP5K


アントニオ猪木といえば「格闘技世界一決定戦」と名づけられた異種格闘技戦である。
「プロレス最強」を謳い、モハメド・アリ、ウイリアム・ルスカ、ウイリー・ウイリアムスなどといった名だたる強豪と闘い、WWFより格闘技世界ヘビー級チャンピオンとして認定される。
その後のIWGP構想や世代抗争などで新日本プロレスはファンの心を掴み、その中心にいたのはやはり猪木だった。
1989年には「国会に卍固め」をキャッチフレーズに国会に進出。湾岸戦争前夜の1990年12月1日に、イラクにおいて「平和の祭典」を行なうことを発表し、関係者や人質被害者41家族46人と共にトルコ経由でバグダット入りを果たす。このイベントの開催後に、人質状態にあった在留日本人と全人質の解放に貢献した。

引退は1998年4月4日に東京ドームでトーナメントを勝ち上がってきたドン・フライと対戦し、グランドコブラで勝利した。
引退した現在でも、格闘技団体を主宰するなどして格闘技界のみならず、パチンコのキャラクターに採用されるなど、日本で1番有名なプロレスラーであることは確かだ。

アントニオ猪木名勝負十番I
プロレス アントニオ猪木
B00005HR4X




人気格闘blog

アントニオ猪木名勝負十番 II
プロレス
B00005HR4Y


アントニオ猪木全集3 大物日本人対決
プロレス
B0007N38EU



SEOのプロが伝授!「常識では考えられない驚愕のSEO対策」の極意!

アントニオ猪木全集4 異種格闘技戦
プロレス
B0007N38F4

posted by 20c at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101575109
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。