2008年06月21日

キックの荒鷲 藤原敏男

昭和30年代後半、当時「けんか空手」と言われた極真空手の3人がタイ国のムエタイと試合をすることとなる。不慣れなグローブを着け、なんとか勝ち越したが、タイ式ボクシングの強さに舌を巻くほどであった。その3人の中に「鬼の黒崎」と言われた黒埼健時がいた。ムエタイに魅せられた黒崎氏は目白ジムを設立し、ムエタイを倒す選手の育成に励むようになる。この目白ジムの所属選手が藤原敏男だ。


当時、目白ジムには島三男、大沢昇をはじめ、オランダ目白ジムの会長ヤン・プラスなど、怱々たるメンバーを輩出し、藤原もその中で過酷なトレーニングを送っていた。新設された全日本キックボクシング連盟の全日本ライト級王座に就き、連勝街道まっしぐら。タイの二大雄、ラジャダムナン、ルンビニーの両スタジアムのランキング入りを果たし、ついにタイ国ラジャダムナンスタジアム認定ライト級王座への挑戦を獲得する。タイトルマッチは日本武道館。史上初の国外でのタイトルマッチ。
藤原は王者モンサワン・ルークチェンマイを4Rクリンチ状態からサバ折りのまま倒れると同時にヒジ打ちを放った。気を失った王者はそのまま立ち上がれず藤原のKO勝ち。藤原は日本キック界の念願だったムエタイを破り、史上初の外国人チャンピオンとなる。
藤原はその後、タイにてタイトルマッチを行うが、地元びいきの判定負け。
タイトルを失った藤原は師である黒崎氏の新格闘術の旗揚げに参加することとなる。
1983年2月に現役引退。通算戦績は126戦(97KO)13敗2引き分け。

現在は藤原ジムを主宰し、WKA世界ムエタイライト級チャンピオンの小林聡を育てるなど、第2の藤原の育成に励んでいる。
尚、小林聡はノンタイトル戦ながら現役のラジャのチャンピオンにKO勝ちしている。

SEOのプロが伝授!「常識では考えられない驚愕のSEO対策」の極意!

私的ベストバウト
ラジャダムナンスタジアム認定ライト級 タイトルマッチ
○藤原敏男vsモンサワン・ルークチェンマイ×
(4R KO。藤原王座獲得)

レッグサポーター 白 一般用 LG40-L-WH
B000SBZCCC




人気格闘blog

↓藤原の試合はこのDVDで見れます!






posted by 20c at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | キックボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。