2008年06月13日

蝶のように・・モハメド・アリ

モハメド・アリといえば、
「蝶のように舞い、蜂のように刺す」という言葉がたいへん有名だが、
ヘビー級に華麗なフットワークと鋭い左ジャブを活用するアウトボクシングを持ち込んだスタイルで70年代のボクシングを席捲した。
そもそもは1960年のローマオリンピック・ライトヘビー級金メダリストでプロに転向するや無敗でヘビー級タイトルを獲得。その後は3度タイトル奪取に成功し通算19度の防衛を果たした。ボクシング史上屈指の偉大なチャンピオンの一人といえるだろう。

モハメド・アリ―その闘いのすべて
David Remnic 佐々木 純子
4484011042



また、、1976年に異種格闘技世界一決定戦を戦ったアントニオ猪木に、アリの入場曲である「アリボンバイエ」を送ったのは有名な話。
さらに、この試合で猪木にアリキックを蹴られすぎたため、後遺症になやませられている。
現在はパーキンソン病を発症したが、アメリカでは文民に送られる最高の勲章自由勲章を授与され文化人として世間に認められている。

戦績:61戦56勝(37KO)5敗
マイク・タイソン同様、ボクシング史上最強のボクサーといえるだろう

モハメド・アリ/チャンピオンへの道
モハメド・アリ ジム・ジェーコブス
B000XJ5V0C




人気格闘blog



モハメド・アリ/ザ・グレーテスト 1964-74
モハメド・アリ, ソニー・リストン, アンジェロ・ダンディ, マルコムX, ウィリアム・クライン
B00013YUAC


モハメド・アリ/世界が見た王者の姿(ユニバーサル・セレクション第4弾) 【初回生産限定】
モハメド・アリ, フィル・グラブスキー
B000TDVOPI

【関連する記事】
posted by 20c at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100367797

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。