2008年08月31日

前田日明とリングス

"世界最強の男はリングスが決める!"をキャッチフレーズにいろいろな新しい試みを行っていた
「リングス」。
新生UWF崩壊後に新たにUWF戦士たちが新団体を設立するものだと思われていたが、藤原を中心に、船木、鈴木などが参加した「藤原組」、高田を中心に大部分の選手が参加した「UWFインターナショナル」。そして、1991年、前田日明はたったひとりで「リングス」を設立することとなる。

リングス創立10周年記念総集編〜RINGS 10th ANNIVERSARY〜
リングス創立10周年記念総集編〜RINGS 10th ANNIVERSARY〜

リングスはUWF時代から交流のある、クリス・ドールマン率いるオランダ格闘技界の協力が大きな力となるも、日本人選手は前田ただ一人だけという、苦しい船出であった。リングスは世界各国にリングス・ネットワークを置き、月一回のペースで主に日本で興行を行った。
初期の頃はリングスオランダの試合が大部分を占めていたが、当時、人気急上昇中の佐竹雅昭、角田信朗を擁する正道会館などが参戦したほか、ピーター・アーツ、ロブ・カーマン、ジェラルド・ゴルドー、ウィリー・ウイリアムス、西良典などが参戦し、話題を呼んだ。リングスジャパンも、田村潔司の加入や山本や長井、高坂などの成長などで、実力No,1を決めるメガバトル・トーナメントを年一回開催(第一回優勝はクリス・ドールマン)。旗揚げから全面バックアップしていたWOWWOWの影響もあり、リングスの会場は満員状態だった。

当時、WOWWOWのリングス中継を毎月観戦していた私は、当時まためずらしい総合格闘技、そしてプレミア感ある対戦カードに緊張感を感じながら見ていた。

しかし、アメリカで開催されたバーリトゥードの影響をうけ、リングスもルールの変更を余儀なくされる。当時、まだ無名だったエメリヤ・エンコ・ヒョードルやアントニオ・ホドリコ・ノゲイラ、ヘンゾ・グレーシーなどが参戦したKOKトーナメントを開催するも、PRIDEの出現により、主役の座を奪われる形となる。
時代を先行し、一足先に総合格闘技に着手し、数々の一流格闘家を輩出、話題を呼んだリングスだったが、前田引退後は空席が目立つようになり、リングスも終焉を迎える。

前田日明という、カリスマ格闘家が設立したUWFとリングス・・・
このふたつの団体がどれほど格闘技界に影響を与えたか・・・
どれほどの世界の格闘家が埋もれずに済んだか・・・

もし、格闘技の国民栄誉賞があるならば、間違えなく、前田日明に与えられるだろう

人気格闘blog

RINGS 1991-2002
前田日明 田村潔司 ヴォルク・ハン
B000065VTG



☆送料無料☆前田日明/戦いの証「天の章」



前田日明 戦いの証・地の章
前田日明 戦いの証・地の章


前田日明VSカレリン 1999.2.21 横浜アリーナ
前田日明VSカレリン 1999.2.21 横浜アリーナ


月刊Gスピリッツ Vol.3 (DVD付き) (タツミムック)
4777804801


U.W.F.変態新書 (kamipro books)
「kamipro」編集部
475774398X


真剣勝負
前田 日明
4794209177






posted by 20c at 09:24| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

マッハパンチ 猪狩元秀

現在、初期のK-1の元レフェリーとして有名だった猪狩元秀
日本大学在学中より日本拳法部で活躍。現在、
日本拳法協会理事長・主席師範九段。日本拳法をベースとした重いマッハパンチと呼ばれる必殺技でキック界にデビュー後は連戦連勝で、ムエタイ統一王者サタンファー・ソープラティープを敵地ルンピニー・スタジアムでKOするなど、頂点を極めた。

「マッハパンチ伝説 猪狩元秀」

1979年にはマーシャルアーツ旋風の中、WKA世界ミドル級王者となる。
1982年の引退後は日本拳法に戻り後進の指導の傍ら、かつての名選手としてK-1のレフリーを努めた。
ムエタイの現役王者を3人もKOしてる格闘家はいない。いかに猪狩元秀がすごいキックボクサーかが分かる。

戦績 75戦64勝(57KO・KO率89%)9敗2分

人気格闘blog

日本拳法 入門編
拳法
B000AQUO3W


日本拳法 組手基本編
拳法
B000BB6J44

posted by 20c at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | キックボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

熊殺し ウィリー・ウィリアムス

映画『地上最強のカラテPART2』で巨大なグリズリーとの闘いから「熊殺し」と呼ばれ、70年代の格闘技界にブームを巻き起こしたのが
ウィリー・ウィリアムス

四角いジャングル 最終章 格闘技オリンピック
アントニオ猪木, ウィリー・ウィリアムス, 大山倍達, 南部英夫
B00012T1T8


ウィリーが最も世間の注目を浴びたのがアントニオ猪木の「格闘技世界一決定戦」と銘打たれた異種格闘技戦。
総合格闘技が進化した現在では別にめずらしいことではないが、当時プロレスVS極真空手という夢のカードが組まれたことにより、このウィリー・ウィリアムスVSアントニオ猪木は一気にヒートする。
結果は4R1分24秒、両者がもつれたままリング下に転落。ドクターストップによる引き分けに終わる。

最強最後のカラテ
大山倍達 ウィリー・ウィリアムズ 中村誠
B00005HTGW


その後、師匠の大山茂がUSA大山空手を設立したため極真を離れ、、USA大山空手vs正道空手5対5マッチで佐竹雅昭と対戦し、判定負け。
そしてリングスに参戦するも、前田日明にギブアップ負けするなど、
年齢のせいだろうか、ふがいない結果が続いた。
しかし、極真史上に残る名選手であり、ピークをすぎても尚、格闘技界からお呼びがかかるというのは、どれだけネームバリューがあったかを証明するのには十分だろう。

人気格闘blog

アントニオ猪木全集4 異種格闘技戦(DVD) ◆20%OFF!


Gスピリッツ Vol.8 (DVD付き) (タツミムック)
4777805727

posted by 20c at 16:08| Comment(2) | TrackBack(0) | カラテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。